こんにちは、アキです。今日は、インナーマッスルとアウターマッスルについてお話ししたいと思います。

インナーマッスルとアウターマッスル

インナーマッスルは、深層筋と呼ばれ、体の内側の骨に近い部分にある筋肉になります。

アウターマッスルは、表層筋と呼ばれ、体の外側にある筋肉になります。

ジムなどでトレーニングを行なっている人のほとんどは、アウターマッスルを中心に鍛えているといえます。

一般的な運動では、インナーマッスルはあまり働かず、アウターマッスルが働きすぎていることが多いです。

インナーマッスルの特徴は、

・細くて軽く、鍛えても体重が増えない
・動きのスピードを上げることができる
・年をとっても衰えない
・鍛えれば鍛えるほど無限に向上する
・筋繊維が強いため、鍛えても筋肉痛になりにくい
・柔軟性があり柔らかい
・可動域が広く、様々な動きに対応できる
・持続力があり、疲れにくい
・細かい動きをコントロールできる
・インナーマッスルは衰えにくい

アウターマッスルの特徴は

・太くて重く、鍛えると体重が増える
・動きのスピードは衰えていく
・年をとると衰える(25歳くらいから)
・筋繊維が弱いため、鍛える過程で筋肉痛を起こす
・柔軟性があまりない
・可動域が狭く直線的である
・瞬発力はあるが、疲れやすい
・大きな動きが得意で、細かい動きには対応しにくい
・アウターマッスルは継続的に鍛え続けなければすぐに衰えてしまう

インナーマッスルとアウターマッスルは、どちらも加齢によって変化していきますが、インナーマッッスルとアウターマッスルには、その変化に違いがあります。

インナーマッスルは姿勢を維持するために必要な筋肉で、人間が活動している間は常に収縮して体を支えているので、筋肉は使いすぎとなり、収縮した状態で硬くなってしまうのです。

このため、柔軟性が落ち、関節の可動範囲も狭くなっていきます。

アウターマッスルは、運動不足で弱くなって、伸びたゴムのようにハリがなくなっていきます。

インナーマッスルが衰えて硬くなり関節の可動域が狭くなってくると、アウターマッスルも動ける範囲が狭くなり活動しなくなるので、この傾向が強くなります。

筋肉の役割や特性を理解していると、自分の体に不足している機能を認識し、効率的に強化することができます。

所属スタッフの紹介はこちらをご覧ください!

初心者・初級レッスンのご案内はこちらをご覧ください!

教室へのお問い合わせはこちらをクリックしてください!

教室へのアクセス

春日部教室への所要時間

越谷教室への所要時間

アキの特別トレーニング

金本龍源のスタンダード専科

出張サークルレッスン講師

埼玉新統一タンゴ

金本龍源が非常勤勤務している麻布十番のオオムラアツキダンススタジオ(火・土)

流山の社交ダンス・ラテン・グループレッスン(講師:新田アキ)

浦和の社交ダンスサークル!(講師:新井洸樹)

見て、踊って学べる!社交ダンス!中級(三郷、講師:稲葉寿里)

草加新田の勤労福祉会館のサークル(講師:松野葵)

インナーマッスルとアウターマッスル 春日部AKIダンスアカデミー|社交ダンス



是非見学にいらしてください。お待ちしております!!
体験レッスン25分 3,600円/税込み ※要予約、お一人様1回のみ
TEL 春日部048-738-6989 越谷048-967-3126
平日PM1:00~PM10:00 土曜日PM1:00~PM7:00日曜日は教室はお休みとなります。

メールでお問い合わせはこちら

contact

アキダンスアカデミーのLINEアカウントを作成しました。是非、お友達登録をお願い致します。
登録の仕方:下のQRコードの画像を保存し、LINEの友達追加→QRコード→ライブラリから読み込む
EZW2x7AGvF
IDを入力して検索し追加することもできます。IDは@ykp4207nになります。

社交ダンス・初心者・初級レッスン・コースのご案内 社交ダンス|初心者|春日部|越谷|お薦め

アルゼンチンタンゴ|レッスン|初級|春日部|越谷

社交ダンス|レッスン|春日部





社交ダンス|レッスン|春日部