こんにちは、アキです今回は、前回のストレッチの話の続きをしたいと思います
動的ストレッチの目的は、筋肉の柔軟性向上と体温の上昇にあります。それに対し静的ストレッチは筋肉の可動性の向上や乳酸などの老廃物の排出などを目的としています

動的ストレッチの効果としては
・心拍数を上げる
・体温を上昇させる
・筋肉の可動範囲を広げる
・神経系の働きの向上
・ケガの予防
・交感神経を優位にする
・血行促進
などが期待できます。日常生活の中で凝り固まってしまった筋肉をほぐすことにも役立ちます

社交ダンスは音楽に合わせて身体を動かしながら、指先や足先までストレッチさせるので、社交ダンス自体が動的ストレッチとしての要素を持っています

しかし、通常のテンポでストレッチしながら音楽に合わせて動くのはハードルが高いので、まずはゆっくりしたテンポで、身体の各部をストレッチすることを意識してシャドーで踊り、動的ストレッチを行ってください。私自身も、練習のときには遅い曲でルンバをたっぷり踊ってから本格的に踊るようにしていました

そうすれば、曲に合わせて通常のテンポで社交ダンスを踊るときには、体も温まり可動範囲も広がってきているので、踊りのパフォーマンスもアップしてくると思います

エクササイズ|ダンス|ラテン|社交ダンス|東川口|川口市|レッスン

エクササイズ|ダンス|ラテン|社交ダンス|東川口|川口市|レッスン

動的ストレッチとしての社交ダンス 春日部AKIダンスアカデミー|エクササイズ|ダンス|社交ダンス

アキダンスアカデミーのLINEアカウントを作成しました。是非、お友達登録をお願い致します。まずは目標100人で頑張っていきます。
友だち追加

社交ダンス|吉川|グループレッスン|吉川市

アルゼンチンタンゴ|レッスン|初級|春日部|越谷

社交ダンス|レッスン|春日部





社交ダンス|レッスン|春日部

日本インターナショナル|ダンス選手権|2017|武道館