こんにちは、アキです今回は、肩周辺の筋肉について お話します。

肩周辺のインナーマッスルの中で、ローテーター・カフと呼ばれるものがあります。ローテーター・カフは、肩と上腕骨を結ぶ4つの小さな筋肉(棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋)の総称で、これらは非常に薄い形態をしています。

ローテーター・カフは小さい筋の為、大きな力を出す事は出来ません。これらの筋肉は、安定して腕を使えるようにするために働いています。つまり、腕をコントロールする靭帯のような役割も担う存在になります。

スタンダードのホールドやラテンのフリーアームをしなやかに見せるためには、ローテーター・カフで肩関節を保持し、この筋群の上を覆っているアウターマッスルである、大胸筋(胸の筋肉)や三角筋(肩を包むような筋肉)や広背筋(肩甲骨の下部から腰にかけてついている筋肉)などは緊張させないで伸びやかに使うことができれば、肩から背中、肩から胸の美しいラインを形成することができます。

ローテーター・カフをトレーニングで早急に強化することは、なかなか出来ません。ゴムチューブ等を使った地道なエクササイズが有効です社交ダンス|さいたま市|七里公民館|サークル|七里|公民館

社交ダンス|さいたま市|七里公民館|サークル|七里|公民館

肩周辺インナーマッスル 春日部AKIダンスアカデミー|社交ダンス|サークル

アキダンスアカデミーのLINEアカウントを作成しました。是非、お友達登録をお願い致します。
登録の仕方:下のQRコードの画像を保存し、LINEの友達追加→QRコード→ライブラリから読み込む
EZW2x7AGvF



さいたま市仲本公民館の新規社交ダンスサークルのお知らせ 社交ダンス|サークル|仲本公民館|さいたま市

社交ダンス・初心者・初級レッスン・コースのご案内 社交ダンス|初心者|春日部|越谷|お薦め

埼玉新統一ルンバ

アルゼンチンタンゴ|レッスン|初級|春日部|越谷

社交ダンス|レッスン|春日部





社交ダンス|レッスン|春日部