こんにちはアキです今回は上腕三頭筋の話です
上腕三頭筋は社交ダンスで重要筋肉です。たとえば、スタンダードの場合、上腕三頭筋を伸ばして使うことができれば、美しいホールドをしなやかに動かすことができます。
また、ラテンではコネクションする腕の伸縮を上腕三頭筋の伸縮で制御することで、力みのないコネクションが生まれ、リードとリアクションがスムーズにシンクロすることが可能です。上腕三頭筋を効果的に活性化するには、腕の両肘を付いて行う匍匐(ほふく)前進が効果的です。
板の間で行うと肘が痛むので布団の上の方が良いと思います。
このとき 両肘は「ただ床に置いておく」つもりで、そこをからだが乗り越えていくように動いてみてください。

大砂土東公民館|社交ダンス|サークル|さいたま市|見沼区

大砂土東公民館|社交ダンス|サークル|さいたま市|見沼区

上腕三頭筋の活性化 春日部AKIダンスアカデミー|社交ダンス|サークル

アキダンスアカデミーのLINEアカウントを作成しました。是非、お友達登録をお願い致します。まずは目標100人で頑張っていきます。
友だち追加

社交ダンス|吉川|グループレッスン|吉川市

アルゼンチンタンゴ|レッスン|初級|春日部|越谷

社交ダンス|レッスン|春日部





社交ダンス|レッスン|春日部

日本インターナショナル|ダンス選手権|2017|武道館