こんにちは、アキです。今日は、「休め」の姿勢についてお話ししたいと思います!

子供の頃に、学校で立って話を聞くときに、「休め」の姿勢をとるように言われてきました。

この「休め」の姿勢が、大人になっても癖になってしまっていることが多いです。

この「休め」の姿勢は、片足に体重をかける姿勢になりますが、この姿勢は、体を歪めてスタイルを崩してしまう原因になっています。

体重をかけている片側に大きな負担がかかり、骨がずれたり、筋肉やじん帯が収縮したまま固まってしまいます。

筋肉やじん帯が固くなってくると、真っ直ぐ立つことが辛くなり、休めの姿勢が楽になってしまうのです。

こうなると、どんどん、体は歪んでいってしまい、スタイルが悪くなってしまいます。

片側に立つと、背骨は片側に引っ張られ、骨盤の高さの左右差が生まれ、股関節がずれ、膝下が捻れ、お尻が大きくなり脚も太くなります。

休め

この「休め」の姿勢は、戦前の日本の軍隊で行われていたものだそうです。戦後の「休め」の姿勢は、両足を肩幅に開き両脚に均等に体重をかけるものに変わっています。

休め1

体が歪んでしまうと、日常生活で、つまずいて転んだり、階段を踏み外してしまうリスクが高くなります。

当然、ダンスを滑らかに自由に踊るのにも支障をきたします。

歪んだ体を、正しく戻すのは大変な作業になります。日頃から、気にしてみてください。

休めの姿勢

休めの姿勢 春日部AKIダンスアカデミー|社交ダンス



是非見学にいらしてください。お待ちしております!!
体験レッスン25分 3,600円/税込み ※要予約、お一人様1回のみ
TEL 春日部048-738-6989 越谷048-967-3126
平日PM1:00~PM10:00 土曜日PM1:00~PM7:00日曜日は教室はお休みとなります。

メールでお問い合わせはこちら

contact

アキダンスアカデミーのLINEアカウントを作成しました。是非、お友達登録をお願い致します。
登録の仕方:下のQRコードの画像を保存し、LINEの友達追加→QRコード→ライブラリから読み込む
EZW2x7AGvF
IDを入力して検索し追加することもできます。IDは@ykp4207nになります。

さいたま市仲本公民館の社交ダンスサークルのご紹介 社交ダンス|サークル|仲本公民館|さいたま市

社交ダンス・初心者・初級レッスン・コースのご案内 社交ダンス|初心者|春日部|越谷|お薦め

アルゼンチンタンゴ|レッスン|初級|春日部|越谷

社交ダンス|レッスン|春日部





社交ダンス|レッスン|春日部