こんにちは、アキです今日は、スピード感のある動きについてお話しします

アームの動きの話の中でお話ししたように、筋肉の収縮には、短縮性収縮と伸張性収縮の2つの収縮があります。この2つの収縮は、動きの中で同時に起こっています
たとえば、腕立て伏せで、腕を伸ばすときには、上腕二頭筋(力こぶの筋肉)は伸張性収縮、上腕三頭筋(腕の裏側の筋肉)は短縮性収縮しています。
また、スクワットで足を伸ばすときは、大腿四頭筋(太ももの前面の筋肉)は短縮性収縮、ハムストリングス(太ももの裏側の筋肉)は伸張性収縮しています。

伸張性収縮とは、文字通り筋肉や腱が伸びる動きです。この伸びる動きは大きなエネルギーを蓄積することができます。ゴムを伸ばせば伸ばすほど、戻ろうとする力が強くなるのと同じです
この戻る作用は短縮性収縮になるのです。この一連の動きは伸長-短縮サイクルと呼ばれています。

この伸長-短縮サイクルを踊りの中に、効果的に取り入れると、緩急の効いたスピード感のある動きになっています

たとえば、腕をスパッと伸ばしたいときには、上腕三頭筋(腕の裏側の筋肉)の伸張性収縮を十分に意識して、上腕三頭筋(腕の裏側の筋肉)の伸びを感じます。
そして、十分にエネルギーが貯まったところで、伸張性収縮に使っている上腕ニ頭筋の筋肉の使用率をゼロします。
そうすると、伸ばしたゴムが一気に元に戻るのと同じような反作用で、腕がスパッと伸びるのです。

このような、反作用が生み出す動きは、力任せの動きではないので、とてもナチュラルでスピーディな感じになります

社交ダンス|サークル|レッスン|吉川市|平沼地区公民館

伸張性収縮でスピードを生み出す 春日部AKIダンスアカデミー|ボールルームダンス

アキダンスアカデミーのLINEアカウントを作成しました。是非、お友達登録をお願い致します。
登録の仕方:下のQRコードの画像を保存し、LINEの友達追加→QRコード→ライブラリから読み込む
EZW2x7AGvF

IDを入力して検索し追加することもできます。IDは@ykp4207nになります。



さいたま市仲本公民館の社交ダンスサークルのご紹介 社交ダンス|サークル|仲本公民館|さいたま市

社交ダンス・初心者・初級レッスン・コースのご案内 社交ダンス|初心者|春日部|越谷|お薦め

埼玉新統一ルンバ

アルゼンチンタンゴ|レッスン|初級|春日部|越谷

社交ダンス|レッスン|春日部





社交ダンス|レッスン|春日部